ホーム > 船積みのご留意点 > EU (欧州連合) 24時間ルールに関するご案内 (その2)

船積みのご留意点

2010年10月22日

EU (欧州連合) 24時間ルールに関するご案内 (その2)

拝啓 貴社益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。平素は、弊社サービスをご利用頂き厚く御礼申し上げます。
さて、2011年1月1日発行のEU向け貨物に適用予定であるEU規則(欧州24時間ルール)に関し、2010年7月16日付でご案内させて頂きました内容に追加し、下記の通りご案内申し上げます。

敬具

1.概要
2011年1月1日より、EU加盟国向けもしくはEU加盟国を通過する全ての貨物に関し、本船が最初に寄港するEU加盟国の税関に、Entry Summary Declaration(以下ENS)をBL毎に送信しなければなりません。(これは北米向け24時間ルールに類似しています) 対象となる貨物は以下の通りです。
・ EU加盟国に輸入される貨物
・ EU加盟国の港で荷揚げされ、鉄道またはトラックでEU加盟国以外に輸送される貨物
・ EU加盟国の港で別の本船にトランシップし、EU加盟国以外に輸送される貨物
・ EU加盟国の港に寄港する本船上にある貨物で、EU加盟国以外に輸送される貨物
※フランス領・Reunion(Point des Galets)向けも対象
EUの税関当局は提出されたENS情報のチェックを行い、申告者に対して移動登録番号(MRN:Movement Reference Number)を発行します。また、貨物の仕向地に関係なく、ENS情報が提出された全貨物のセキュリティリスクの評価を行い、リスクが発見された場合は、以下の3つの対処方法を 運送人へ連絡します。
A) 船積み不可 ( = Do Not Load)
B) EU内最初の寄港地での検査 ( = inspect suspect cargo at the first port of arrival)
C) EU内荷揚げ予定港での検査 ( = inspect suspect cargo at the actual port of discharge)

2.必須記載事項について
ENS送信の為、B/L Instructionに記載頂く必須事項は以下の通りです。
1) Shipper (*EORI番号でも可) *EORI=Economic Operators Registration and Identification)
2) Consignee(EORI番号でも可)
3) Notify Party (Consigneeが"To Order"の場合)
4) HS Code(少なくとも最初の4桁だが、6桁が望ましい)※
5) パッケージタイプのコード
6) パッケージの個数
7) パッケージ貨物のシッピングマーク(コンテナ詰めされた貨物には不要)
8) コンテナナンバー / シールナンバー
9) 貨物総重量(キログラム単位)
10) UN Code(危険品の場合)
11) 海上運賃支払い方法 (例:payment in cash, payment by credit card, payment by check, electronic credit transfer, account holder with carrier, not pre-paid)

※弊社では、HS Codeの代わりに貨物情報を具体的に記載することはお引き受け致しかねます。これは、国により表記する言語が指定されている場合があるため、誤った言語での表記によるデータ訂正作業を避けるため、HS Codeの記載をお願いするものです。

3.カット日について
弊社では、欧州24時間ルールの導入に伴い、ENS送信作業に対応するためCYカット日(B/L Instructionの提出・貨物の搬入とも)を現行の"入港日前日"から2日前倒し、"入港日3日前の16:30"とさせて頂きます。(一部の港で例外あり)
該当する航路のうち、日本各港でのCYカット日は以下の通りとなります。なお、これまでと同様に、祝日の関係で下記曜日から変更となる場合もございます。

<JEX航路> 入出港日 新CYカット日 現行CYカット日
神 戸 月-火 木 16:30
名古屋 水-木 金 16:30
清 水 水-木 月 16:30
東 京 金-土 火 16:30
<AEX航路> 入出港日 新CYカット日 現行CYカット日
博 多 土-日 水 16:30

なお、EU加盟国の税関当局より"Do Not Load"の回答を受けた場合、直ちにお客様へご連絡の上、予定している本船へ船積み出来るように対処させて頂く所存です。然しながら、その対応に時間を要することも想定されるため、場合によっては当該貨物を予定している本船に船積み出来ない可能性もあること、予めご了承願います。

4.適用開始船
2011年1月1日以降に日本(船積み港)に寄港するJEX・AEX航路の本船(本船名/スケジュール未定)

注)アジア各港にてトランシップとなる欧州向け貨物に関しましてもENS送信の対象となりますので 、2011年1月1日以降に船積み港を出港する貨物に関しては、上記2.の1)~11)の情報の提出をお願いします。CYカット日は1st Vessel各航路の設定日が引き続き適用となりますが、2nd Vesselとして接続する欧州向け本船の接続港でのCYカット日の方が早い場合は、2nd VesselのCYカット日が適用となります。

スムーズなENS送信作業を行うためにも、①カット日の厳守、②正確なB/L Instructionの提出 にご協力頂きますようお願い致します。
ENS送信作業の実施に伴うドキュメンテーションチャージの導入に関しては、現在検討中ですので、追ってご連絡申し上げます。
EU24時間ルールの詳細に関しましては、http://ec.europa.eu/ecip/index_en.htmをご参照下さい。
今後、新しい情報を入手致しましたら、都度ご案内させて頂きます。

以上

お問い合わせ先
マーケティンググループ 欧州トレード担当 (Tel : 03-3587-7133)
または、弊社各営業担当までお願いいたします。

このページの先頭へ