ホーム > 船積みのご留意点 > インド向け輸出木材梱包材検疫基準変更のご案内

船積みのご留意点

2004年11月04日

インド向け輸出木材梱包材検疫基準変更のご案内

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

さて、題件につきまして、2004年4月8日付け弊出状にて04年6月1日以降のインド到着貨物より、木材梱包材に対する検疫基準が変更される旨をご案内させて頂いておりましたが、インド側の事情により本基準の適用が延期されておりました。 この度、本検疫基準の適用開始日が下記日付より適用されることとなりましたのでご案内申し上げます。

お客様におかれましては、木材梱包材を利用しインドへ貨物を輸出される場合はご注意頂きます様お願い致します。

施行日 2004年11月1日(B/L Dateベース)
対象地域 インド全般
対象品
(変更なし)
ダンネージ・パレット・木枠を含む全ての種類の未加工木材梱包材が対象で、針葉樹だけではなく、広葉樹も対象となります。
改正点
(変更なし)
植物検疫措置に関する国際基準No.15(別名:ISPM15)導入国からインドへの輸出に対し、同基準に沿った消毒(熱処理もしくは臭化メチル燻製)と承認マーク表示が義務付けられます。日本は同基準導入国により、上記改正点の対象国となります。
尚、ISPM15非導入国からインドへの輸出については、植物検疫証明書の添付が別途必要となりますのでご注意ください。

以上

お問い合わせ先
アジアグループ 輸出担当
TEL:03-3587-7100
アジアグループ 輸出カスタマーサポート担当
TEL:03-3587-7385

このページの先頭へ