ホーム > 船積みのご留意点 > 北米航路 カナダ向け貨物 National Security 24Hour Manifest Charge 導入のご案内

船積みのご留意点

2004年03月26日

北米航路 カナダ向け貨物 National Security 24Hour Manifest Charge 導入のご案内

平素より弊社サービスをご利用頂き、厚く御礼申し上げます。

さて、先般、ご案内申し上げたカナダ税関歳入庁(CCRA)による「カナダ向け海上貨物に関する事前申告制度」が4月19日より開始されるのに伴い、現在、米国向け貨物に導入しているNational Security 24Hour Manifest Chargeをカナダ向け貨物にも適用させて頂くこととなりましたので下記の通りご案内申し上げます。

お客様のご理解を賜りますよう何卒、宜しくお願い申し上げます。

1.対象貨物 : カナダ諸港寄港時に本船上に積載されている貨物。但し、米国向け貨物については除く。
2.適用額 : USD25 per BL (米国向け貨物への適用額と同額)
又、Manifest DataをCCRAへ送信後、Data訂正をご依頼される場合、1件あたり USD40 申し受けます。
尚、SEA NACCSやPOLINETを通じてManifest Dataを弊社に送信頂き、当社での入力作業を要しない場合及びNVOCCのお客様でManifest DataをCCRAに送信される場合のいわゆるHouse BLに対しては適用除外となります。(米国向け貨物と同様の取り扱いです。)
  NVOCC以外のお客様 NVOCCのお客様
Master BL 弊社での入力作業 不要 ※ 適用除外 適用除外
弊社での入力作業 要 適用 適用
House BL お客様による入力・送信 - 適用除外
弊社による入力・送信 - 適用
※SEA NACCS/POLINET等、利用時
3.適用日 : 2004年4月19日(荷受日ベース)
4.補足
1)制度概要 本制度施行後、カナダで荷揚げもしくは通過するコンテナ貨物について船社は「米国税関24時間ルール」同様、貨物の本船積込24時間前迄に貨物データをCCRAへ送信・申告することが必要になります。
2)申告内容 申告内容につきましては米国税関への申告時に求められている内容と同等レベルと理解しております。尚、現在でもカナダ向け貨物については通過貨物として米国税関に対し申告している為にお客様より貨物データを頂いていることから、本制度実施に伴ってお客様が弊社に対して特別な手配を頂くことはないと考えております。

以上

このページの先頭へ