ホーム > 船積みのご留意点 > タイ・レムチャバン港揚げ 危険品貨物規則改正のご案内

船積みのご留意点

2004年01月22日

タイ・レムチャバン港揚げ 危険品貨物規則改正のご案内

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

さて、2004年1月21日より タイ・レムチャバン港揚げの危険品貨物に対しRegulationが改正され、今後は本船到着12時間前までに「MSDS(Maritime Safety Data Sheet)」「EC(Emergency Contact)」の事前提出が義務付けられることになりました。
同改正には1ヶ月の猶予期間が設けられておりますが、この規則が遵守されない場合受荷主殿に罰金が科せられることになりますので、お客様におかれましては以下の書類を本船船積み時点でご用意の上、受荷主殿宛ご送付頂きますようお願い申し上げます。
尚、本件につき、積み地側で船積み時点に新たに書類提出を求めるようなことはございません。

施行日 2004年1月21日(水)レムチャバン港到着本船より。
但し1ヶ月の猶予期間が設けられておりますので、適用が徹底され罰則が課されるのは2004年2月21日(土)からとなります。
対象港 タイ・レムチャバン港 (同港経由内陸向け貨物も対象)
必要書類
  • MSDS(Maritime Safety Data Sheet)
  • EC (Emergency Contact)
    上記書類を本船船積み時点で必ずご用意の上、受荷主殿宛ご送付願います。 弊社タイ現地法人より受荷主殿から上記書類を回収の上、対象港へ提出致します。
罰則 上記規則が遵守されない場合、1万タイバーツの罰金を受荷主殿へ課徴

以上

お問い合わせ先
アジアグループ 輸出担当
TEL:03-3587-7100

このページの先頭へ